玉高20回卒掲示板

29648

私のセカンドライフー将棋を楽しむー - 西村 禮二

2018/06/14 (Thu) 10:44:55

玉高20回卒の皆様

楽しく充実した時間を過ごした玉高20回卒50周年記念同期会から早いもので1ヶ月経ちました。私は3年3組で、幹事を務めた西村禮二です。私は多感な青春時代に玉高で3年間を共に過ごした皆さんと同期会で再会し、旧交を温め、楽しく過ごしました。皆さんとの再会と、思い出がこれからの誉生に向けてのエネルギーとなりました。

皆さんはそれぞれ充実したセカンドライフを過ごされていると思います。ここで私のセカンドライフの一端を投稿させていただきます。ご感想やご意見をいただければ幸いです。また、皆さんのセカンドライフを教えていただければ幸いです。

私のセカンドライフ(その1)-将棋を楽しむー
1.はじめに
藤井聡太七段の活躍などによる将棋ブームの中、毎月一回、第二金曜日の午後1時に「パシィ」と心地よい将棋の駒が響きます。ここは玉高同窓会会館若駒寮和室です。ここで楽しく将棋を指しているのは、玉高将棋愛好会会員の14人と将棋に興味関心がある玉高1年生の6人です。いつも和気藹々とした雰囲気の中で、熱戦が展開されています。

2.将棋をはじめるきっかけ
定年後に充実した誉生を過ごすためには、文系とスポーツ系の豊かな趣味を持ち、そこに社会的な居場所(拠り所)を見つけ、社会的活動を行うことが大事だそうです。そこで、私は趣味の一つとして玉高将棋愛好会で将棋を楽しんでいます。

将棋を始めるきっかけは、平成25年12月頃に高校時代から親交のある同期の馬場君や太田黒君から「玉高将棋愛好会を発足するので参加しないか。」と、誘いを受けたことです。私は、その頃に文系の趣味を探していたので、これまで一度も将棋を指したことがなかったが、直ぐに加入しました。今は良い選択をしたと思っています。声を掛けてくれた高校時代の友に感謝です。

3.玉高将棋愛好会について
平成26年2月に発足した玉高将棋愛好会(現在会員は14人)のコンセプトは「勝負は二の次、交流を楽しもう!」です。これまで4つの活動「①定例会、②将棋大会③対外試合④在校生との交流対局」を行っています。
最近の話題としては、今年の6月から在校生6人と定期的に対局をし始めたことです。若い在校生の参加により、将棋愛好会は一層活気づきました。

4.将棋に伴う楽しみ
私は将棋を始めてから4年目です。センスがないのか?なかなか棋力が向上しませんが、有段者との対局で相手の王将を詰め、初めて勝った時に将棋の楽しみを感じました。
また、将棋仲間で同期の馬場君(会長)、太田黒君(副会長)坂西君、鶴上君、松尾君、私の6人で会食したり旅行に出かけたりするのも楽しみです。

4.おわりに
私は玉高将棋愛好会会員の皆さんとの交流拠点となっている母校(同窓会館)を訪れることが居場所(拠り所)の一つとなっています。
最後になりましたが、玉高20回卒同期の皆様のご健康とご活躍を祈願いたします。また、玉高将棋愛好会活動に際しては、いつも玉高同窓会(事務局)に大変お世話になっています。これからも宜しくお願いします。   以上

上掲写真⇒今年6月からスタートした在校生との対局風景。


名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.